道の駅で見た食べ物がどれも美味しそうでした。

先日、田舎に帰っている時に、たまたま道の駅を見つけたので入ってみました。

田舎の道ということで、ライダーの数が多く、観光バスの駐車場には一台もバスが止まっていなかったが残念に思いますね。
道の駅での買い物をしていると、買い物客はやはりその土地でしか買えないものを、好んで買う傾向にあるようですね。
自分たちも他の人達と同じように、その土地の有名なモノを基本に考えて、両親にお土産を買って行きました。
お土産は栗が有名ということで、迷った挙句にモンブランにすることにしました。
買い物をする時に気になるのが味の方で、味見コーナーがあればもっと気持ちよく買い物出来たのになぁと思いましたね。

もう一つ発見したのは、ソフトクリームの売り場でその土地の有名なミカンソフトクリームが売っていたのですが、前の5組くらいは全員バニラソフトを頼んでいました。
そこも例に習ってバニラを買いましたが、不思議なものでもし前の人が全員ミカンを選んでいたら、たぶん自分もミカンを選んでいたと思うのです。
しかもミカンの有名な場所というのですから、美味しくないはずがないのですが、結局バニラソフトに落ち着いたのです。
美味しく頂いたので、それはそれということで良かったかもしれないですね。

最後に、その土地で収穫された野菜が並んでいて、その横にはおはぎや大福や精米された米などが売られていました。
レジの前にあるとついつい買ってしまうのが、人と言うものです。
おはぎを買って食べさせて貰いました。
とっても美味しかったですね。