欲張らずにお小遣いを稼いでいます

お小遣い稼ぎをしたいと思って、チョッとインターネットで調べてアンケートに答えて、

ポイントを貯めていくというのを見つけました。
はじめはドンドンポイントになるのだけれど、結局はポイントになる商品が少なかったり、
一ヶ月にいっぺんしかそのポイント商品の更新がないとか、そんあことで、中々ポイントの数が増えないです。

それで又調べなおしたら、お買い物モニターと言うのが有って、これは結構ポイントを稼ぐことが出来そうなんです。
それで、登録をしてみると、自分で購入した商品のバーコードの読み取りをする為の端末機が送られてきました。
端末機でバーコードを読み取り送信すると、其れがポイントとなるのです。
このポイントの加算方法は知らされていないのですが、月二千円ぐらいにはなりますから、
家族の人数が多ければキッともっと収入になるはずです。

だけど半信半疑でやってみて今は良かったなと思っています。
生活の一部として、お買い物をしたときには必ず家に帰って読み取りをして、
送信する。慣れてくれば楽なものです。
月二千円も稼げたら御の字です。だって年に二万四千円にもなります。

もっと沢山稼ぎたければ、記事を書いておくるというのもあったり、
でも、欲張っても、、と思うと自分にはこの程度でいいのかもしれないと思うのです。

何しろ家にいて出来るし、コレといって欲しいものがあるわけではないから、、、。
だけど、暇を持て余すのがいやなんです。ジッとテレビの前で情報番組見たりお笑いばかり見てるのも、
情けなくなりますから。

来世も一緒に?

先日 友人との会話の中で「来世も今の夫と一緒になりたいか?」という話題になった。
この手の質問はテレビなどでもよく取り上げられていて
中の睦まじそうな夫婦が「もちろんです」と笑顔を浮かべているのを見かける。

正直うらやましいなと思う。
私の答えは何度聞かれても「NO」だからだ。
べつに主人の事が、嫌いなわけではない。
何十年も暮らしてきて、男女というより もはや家族としてお互いに苦楽を共にしてきた戦友という感覚だ。
だからこそ、来世もご一緒に・・・とはならないのだ。
できるならば今度は違う人と、人生を共有したい。
フォークダンスは違う人と踊る方が、絶対楽しいはず。
同じ人とばかり踊っていては、自分の成長が止まってしまいそうな気がする。

「そういえばそんな歌詞の歌があったよ」と友人。
今度生まれ変わって、私と気付いても知らないふりをしてね
・・・という歌詞らしい。
帰宅してから、主人にもその話をしてみた。
「じゃあ今度見ても声かけんとくわ」と笑いながら返された。

ふと思う。
1人の人間が人生のうちで関わり合いのある人間は3万人らしい。
その中の一人。三万分の一の奇跡のような出会いはそんなにひっくり返せないのかもしれない。
今度は結婚相手じゃなくてもいいから、軽口をたたきあえる友達にでもなってあげようか。
それともダメな息子をしかる母親にでも。
なんにしろ、そういった出会いがあるということは縁があったんだろう。
ここに私がいることも、子供たちがいることもそう考えると不思議。

あんな風に言ったけれど、出会えてよかったよ。
来世 気付いたらまた声をかけるね。

季節の変わり目

四月ももう終わりに近づいた頃、ふと電車から見える桜並木を見ると花は散り、代わりに青々とした若葉が広がっていた。まだ薄い、柔らかな色をした若葉は桜の枝から力一杯に広がっている。それはまさに初夏を告げていた。

いつ、春が終わったのだろう。私はふと頭によぎった。さっきまで春の訪れを告げるものでいっぱいだったはずなのに、もう夏が近づいてきている。いつの間にか冬が終わり、春が終わり、夏になる。季節を感じる時間も無い。今年こそはと思うけれど、やはり季節は気づかぬうちに過ぎ去ってしまう。きっと、来年も同じようなことを感じているのだろう。

では、いつになったら四季の変化を感じられるのだろうか。もしかしたら、季節の変化なんてものは気づくことができないまま終わってしまうのかもしれない。季節なんて毎年来るものだから、そんな事は気にしなくてもいいのであろう。しかし、やはりその時の季節を感じる事ができないと、何か失敗をしでかしたような感覚がする。

日本の風土だからとか、四季があるからだとか、そんなものはどうでもいい。変化に気づけない自分が嫌なのだと思う。季節は人にとって一番わかりやすい変化だと思うから、その変化に気づけないとやってしまった感じかするのである。

その点、桜などの木々は羨ましい。春は花が咲き、夏は青々と葉が茂り、秋は色鮮やかに紅葉し、冬は一斉に葉が落ちる。なんて季節を感じているのだろう。

電車の窓から見える少しずつ夏の木へと変化している桜を羨ましく思いながら、私は今年こそは季節の変化を楽しもうと決意をした。

あと10年したら葬式が出来なくなる?

ここ10,20年の間に、葬儀屋がいっぱい出来ましたね。

実は、義理の叔父が亡くなった頃に葬儀屋が出来始め、段々と増えてきました。

実はその背景には、「1人暮らし」や「訳あり家族」が増えていると思います。
昔はよく、近所で人が亡くなると、「手伝って」と言われたのです。

特に母なんかは家にいたので、葬式に行って手伝わされました。
家の建造物が大きかったので自宅でできるような設計になっていました。

 

ところが今は、小さく、コンパクトな設計になっているため、家が狭く感じるのです。
困った事に、土地が50坪で建物が40以下なのでその分、私の家絵が広く感じるのです。

そして、家が狭い為に、葬式とかが出来ないので葬儀屋が出てきたのです。
葬儀屋の中には、仏壇、線香、お花などが売られています。

葬儀屋が増えすぎて困っています。その理由は、密葬が主流になっていて、
本葬がない状態です。葬儀屋に頼む理由は?これしかありません。

「近所に迷惑かけたくない」これだけではないでしょうか?
1昔前は、「組打ちの団結力」を元にやったのですが、今は違います。

 

お葬式は全部、葬儀屋がやってくれるし、ある意味では有難い事だ!と思います。

しかし、これが無くなると「葬儀屋」がつぶれた時に「手伝い方」が分からず、
困ってしまう状態になるのでは?と危惧しています。

東京の近くの話かと思ったら今では、地方にもその波が押し寄せています。
私は、「もう少し葬式のやり方などを覚えておくのもいい」と思います。

じゃがいもは旨いです

じゃがいもは美味しいですよね。フライドポテトとかコロッケなど、揚げ物に使用することも出来 ますしポテトサラダを作ることも出来ます。

色々な調理法があって、そのどれもが美味しいのです 。
じゃがいもを使ったお菓子も沢山あります。ポテトチップを考えた人はすごいです。

携帯性も抜 群でいつでも食べられます。
最近では細長いじゃがいものお菓子が多くなったと思います。
ちょっ と食べたいときに良いですね。

じゃがいもを調理する中で一番美味しいのは
じゃがバターだと思います。

蒸し器で蒸かしたじゃがいもの上にバターを載せて、
さらに塩をふったあとに食べると最高に美味しいです。

バターではなく塩辛を乗せても美味しいですね。
イカの塩辛とジャガイモが混ざってなめらかな味になります。

さつまいもとはちょっと違うのですよね。
じゃがいもとさつまいもはどちらも芋ですけど、
私はじゃがいものほうが好きです。

じゃがバターは美味しいですけど、
バターはカロリーが高いので塩を振るだけでも良いものです。

シンプルな味わいが良いです。
じゃがいもを使ったきんぴらも美味しいですね。

きんぴらごぼうのごぼうの部分を
じゃがいもに置き換えたものなのですが、これが美味しいのです。

醤油と砂糖、そしてだしを入れて味付けをします。
ご飯がすすむ逸品であります。

ご飯を何杯でも食べることが出来るほどの美味しさです。

これからもじゃがいもを楽しんでいければ良いと思っています。
余裕があったら種芋を買ってきて、土の中に埋めて増やしたいものです。

サッカーは楽しいですね

私はサッカーが好きです。学生時代にかなりたくさん遊んでいました。
練習は大変だったのですけれど、やればやるほどうまくなるので楽しかったです。

練習は外を走るとかドリブルの練習をするなど
基本的なことしかしていませんでしたが、伸びていったのです。

私は運動神経が無いと思っていたのですけれど、
頑張って練習をしたらどんどん伸びていったので楽しかったです。

サッカーは中々ゴールをすることが出来ないスポーツです。

しかし、たまにゴールをすることが出来てそれはとても楽しい経験でした。
走りこみをしっかりやっておくと体力が増えるので、
試合中も息切れをせずにサッカーをプレイする事が出来ました。

やはり努力は裏切りませんね。

サッカーボールは軽いので、使っていて面白いです。
簡単に遠くまで飛ばすことが出来ます。弾力があると考えられます。

フットサルを遊んでいたこともあるのですが、
私はサッカーボールの方が良いなあと思ったのです。

フットサルはコンパクトなコートで、少数の人数で遊べるので、
こちらのほうが万人向けかなと思うこともあります。

しかし、私はサッカーが大好きなのです。
これは好みの問題であります。フットサルは少し神経質なスポーツでありますが、
これが楽しいと感じる人も居るはずです。

サッカーはコートが広大なので、その中を縦横無尽に走り回る楽しさがあります。

広いって良いですね。久しぶりにサッカーがやりたくなってきましたが、
体力は低下しているのだろうなと思います。

家族っていいな。

主人と結婚して一緒に暮らすようになって毎日一緒にいることが当たり前になって、

一緒に暮らしていれば相手の嫌なところも見えてくるのは当たり前で、
付き合ってた当時は好きという気持ちが強ければ
多少嫌なところがあっても構わないと思っていましたが、結婚すると別。 続きを読む “家族っていいな。”

何を買おうか悩んでいます

アルバイトをして少しお金が溜まったのですが、何を買おうか迷っています。
ゲーム機を買うのも良いですし、服も良いなあと思っています。
しかし、中々使えないものです。

食べ物を買うのが一番良いのかなあと思っています。
ラーメンも食べたいですし、ファミレスにも行きたいですね。夢が広がります。

自分で頑張って稼いだお金を使って買物をするのはとても楽しい事です。
この前はお菓子を買いました。
安いものでしたけど、自分で稼いだお金で買った食べ物は美味しさが違いました。

やはり買うなら食べられるもののほうが良いのかもしれません。
それは何故かと言うと元気な体が無いと何もすることが出来ないからです。

ゲームを遊ぶにしても、漫画を読むにしても体が健康でないと楽しめません。
元気な体を作るのはおいしい食事ですね。

食べ物にお金をかけるのは当たり前の事なのです。
贅沢をすることが良いというわけではありませんけれど、
少しは美味しいものを食べたほうが良いということです。

ですから、私は今度コンビニエンスストアでエナジードリンクと、
照り焼きチキンを買おうと思っています。

エナジードリンクって普通のジュースと比べて値段が高いのですよね。
しかし、味は確かだと思いますし、栄養もあります。

値段が高いだけの勝ちはあるということです。
照り焼きチキンとおにぎりも購入したいです。

おにぎりはシーチキンと明太子を買う予定です。
とことん、好きな物しか食べたくないのです。

咲かない花

庭いじりが好きで、小さな猫のひたいほどの庭をしょっちゅう掘り返しています。

雑草なんかを見つけるとすぐ引っこ抜きたくなるし、
ちょっと出かけるときなど見つけちゃ抜くので、手が汚れてしまいます。

この時期はビオラやパンジーがきれいに咲いて、
咲いたらすぐ取らないとどんどん咲かないので取らなきゃ!と思ってしまい…。

あっ、見られた!と思うと小さい娘は抜いていいんだと思って、
あとから引っこ抜くし…。

しかし花がきれいに咲いていると本当にうれしくなります。
最近うれしかったのは、植えた時は咲いていたムスカリの花が、
二年くらいただの草として庭に生息していたのですが、今年は咲いたのです。

ただの草だったときはどうしようかと…。花にも周期があるのでしょうか。
マトリカリアも一年草だからと思っていたものの、
なんだか抜く気になれずほっといたのですが、つぼみをつけました。

ようやくエリカも花をつけ、うれしいことも多いのですが、
うちのモッコウバラはちっとも咲く気配を見せません。
うちの小さな庭は年中半日陰で、日照的にいまいちなのですが、
モッコウバラは大丈夫と思っていたのに…。

確かに、よそのお宅の見事に咲いたモッコウバラは、
一日中日が当たるような玄関の脇とかに咲いているのを見かけます。

意外と、あてにならないものですね…。

よそのお宅のあふれんばかりに咲いたモッコウバラが好きで買ったものの、
気の毒にうちのモッコウバラはただの草になっています。
花の機嫌をとるのも、庭の条件が厳しいと難しいのですね。